黒スト巨乳女教師の秘密の放課後

コミック

エロラブコメの名手・かたせなのが贈る淫乱巨乳女教師学園エロコメディ♪新米教師の由紀(ゆき)は昔から憧れていた職業に就いて充実した日々を送っていた。しかし、一つだけ悩みがあった。それは教え子の男子生徒・古河(ふるかわ)と付き合ってる事だった。学校では周りにバレないように細心の注意を払っているのだが、大胆すぎる古河の行動にいつも悩まされていた。今日も放課後に図書室で明日の授業で使う資料を探していると後ろから急に古河に抱きつかれ強引にキスをされる由紀。今はダメと言って資料探しに戻る由紀だったが、今度は本棚の向こう側から手が出てきておっぱいを揉み始める。抵抗する間もなく気が付いたら服を脱がされ直に胸をいじられていた。古河に乳首を執拗に責められ由紀が感じ始めたその時、入り口のドアが開き古河のクラスメイトの女の子が入ってくる。借りたノートを返すために古河を探していたらしく二人で談笑を始める。何とかバレずに済んでホッとしていた由紀だったが、火照った体はもう抑える事ができず、すぐ近くに教え子がいるにもかかわらずオナニーを始めるのだった。女の子が帰って古河が由紀の所に戻ってくると、そこには完全に出来上がった淫乱女教師の姿があった。