裸のわんこ

コミック

学校からの帰り道、主人公で眼鏡っ娘の少女は、ポールに繋がれたバカ面の犬に和んだのか、ついつい頭をナデナデしてしまう。すると、現れた飼い主のオジさんに気に入られ、犬の散歩に動向することに。少女は、飼い主のすすめで犬の手綱を持たせてもらうが、弾みでその手綱を放してしまい、犬は疾走…やがて見えなくなる。少女は罪の意識から、自分が犬のかわりになると申し出ると、悲しむフリをしてその場を楽しんでいたオジさんは、ニヤリと笑い、彼女に首輪を差しだすのだった。