姉☆コン

コミック

女子大生の百合香は、同じゼミの学生に告白をすると、美人で巨乳というルックスも手伝ってか、見事成就とあいなるが、当の本人は何故か顔色がさえないでいる。自宅にて、百合香の帰宅に気づいた弟のひろが彼女に近づきこう囁く。「オレの言うとおりテキトーに告白してきた?」小さく返事する百合香に、ひろはさらに詰め寄って、乱暴に姉の胸を剥き出しにすると、そのあらわになった豊満なオッパイを揉みしだいては、下卑た態度を取り続ける。なんの抵抗もできないでいる百合香…。彼女はひろに心も体も掌握されていて、何事にも逆らえない性的奴隷と成り果てていたのだ。禁断の弟棒で悶えながらも、百合香は別のことを思う。こうなったすべての理由は、自分達の過去にあるのだと…。