エヴリディ発情期

コミック

主人公の小坂さんは、同級生は元より先生からも頼りにされる、真面目で勉強も優秀な女性徒。だが彼女には、もうひとつ別の顔があった。それは…実は性に奔放な自分…。相手を選ばぬほどセックスに依存した…自分…。しかし、複数プレイもいとわぬほどの快楽探究者でありながら、まだ一度もイッたことがないという焦りと、そんな色情狂的な自我を隠して優等生ぶった生活の窮屈さに、彼女は抑圧的なストレスを禁じえないでいた。小坂さんは想う。「なんで…イケないんだろう…」イクことにより、現状を変えられるのではないか…そう思案しているようにも見える小坂さんは、ある時、男子生徒たちのエロトークから、ある面白い情報を仕入れる。同級生の村田くんの○○○が、とてつもなく大きいというのだ。思わず舌なめずりする小坂さん。性に貪欲な彼女が、行動を起こさぬ訳がなかった。