夏肌

コミック

幼なじみで親戚の奈緒と真は、毎年夏になると祖母の家で再会していた。ある夏、祭りの浴衣の下をノーパンで行く事になった二人。真は密かに想いを寄せる奈緒の無邪気な姿に翻弄され続けていた。花火の上がる時間に穴場の神社の裏に連れて来られた真は、大胆な奈緒がさらけ出した下半身に釘付けになる。欲望に負け奈緒の素肌に食らいつく真と、余裕を見せる奈緒。真はそんな奈緒に負けじと自分の気持ちを伝えて…。純愛ストーリーテラー桃之助先生の描く、初めて同士の甘酸っぱい一夏の思い出をご堪能あれ♪