少女闇供養

コミック

彼氏の颯太君が突然、交通事故で死んでしまった。悲しみに暮れるみゆきは、少し前に新調したばかりのセーラー喪服を着て颯太君のお葬式に参列する。そして葬儀から一ヵ月後、みゆきはある決意を胸に颯太の家に向かうが、応対してくれた颯太の兄は完全ニートでキモオタ。生前、颯太とみゆきはそんな兄のことをバカにしていたので、顔が曇る。(颯太君のいない人生なんて考えられない…せめて骨のひとかけらでもいいから一緒にいたい…)みゆきは、そんな想いで颯太のお骨を盗み出そうとするが、それをキモオタ兄に見つかってしまい、無理やり襲われてしまうのだった。