田舎に着いた日

コミック

祖父が亡くなり、葬式に参列するため田舎に出向いた功太は、そこで見覚えのない可愛いセーラー喪服の少女と出くわす。彼女がイトコの天音であることに気づいた功太は、葬式の準備を抜け出し散歩に誘うが、久しぶりに会った天音は、昔と比べてとても積極的になっていて、功太にキスをすると、大人ぶった態度で翻弄。すると功太は、昂ぶるまま天音を神社の裏に連れて行き、彼女の胸を剥き出しにすると、そのフワリとした乳房にむしゃぶりつくのだった。