聖なる学舎の園で ~肉棒調教されるお嬢様~(10)

コミック

人気作家・由雅なおはが放つお嬢様学園凌辱&肉棒調教連載・最終回!!叔父が経営している女学園に入学する事になった双子の美少女姉妹・奏(かなで)と琴之(ことの)。実はその学園は裏で学園長である叔父がお気に入りの女生徒の処女を奪っては肉棒調教している危険極まりない学園だった。さらに叔父は肉棒調教された女生徒達を定期的に開催している品評会で各界の有力者に売るなど他にも様々な悪事に手を染めていた。そんな中、学園の裏事情を知る生徒会長のエミリアの助けを借りて学園から脱出を図った姉妹だったが、叔父の部下に見つかりあえなく捕らえられてしまう。そして、絶望の調教生活が始まった。時は流れ春、今年も希望に胸を膨らませた新入生が学園に入学してくる。奏と琴之はと言うと……調教部屋で未だ終わりの見えない調教を叔父に強いられていた。何とか心折れずにギリギリこの状況を耐えていた二人だったが、ある日、叔父に連れてこられた母親と望んでいない形で再会を果たす。突然の母親との再会に驚く奏と琴之だったが、母親の見ている前で叔父にフェラチオを強要され、ついには母娘三人まとめて叔父の肉棒の餌食に。自分の兄の妻と娘を自身の肉棒で汚す事に成功した叔父の歓喜に打ち震えた高笑いが部屋中に響き渡った!!