九尾の娘【単話】

コミック

自らが妖怪であることに負い目を感じ、里の子供たちと距離を置く心優しき妖狐。そんな彼女の前に、人間と敵対する妖怪・土蜘蛛姫が現れる。子供たちを守るため、自らの力を使って土蜘蛛姫と対峙するがかなわず、敗れてしまう。濃厚なディープキスから始まった愛撫は、蜘蛛の足の繊毛を使った責め、移植した人間の男のペニスを使ったフェラチオ奉仕など、陵辱はエスカレートするばかり。はたして、心優しき九尾の狐は人間を守りきることができるのか!?※『ウンライン』に掲載されている作品です。