PRIVATE PLAY

コミック

四肢を拘束され、恍惚に震える少女・可憐。眼前にローターをぶら下げられ、ナカに入っている同じモノも更に存在感を増す。我慢の出来ない可憐はご主人様に慈悲をくださいと許しを請うも、挿れられた指のあまりの快感に失禁してしまう。「両手を使わないなら切ってしまおうか」冷酷に告げるご主人様の機嫌を損ねないように、可憐はひたすら健気に奉仕を続ける…。(オチを読んだあと最初から読み直すと一層お楽しみ頂けます)