汗スケ残暑

コミック

夏休み最終日、友達とプールに行こうと待ち合わせ場所に行くと、なぜか汗で全身びしょ濡れでへろへろの相川が!何があったのかと聞けば、自由研究で野良猫の頭数調査をしていたらしい…近所のウチに涼ませてほしいとせがまれたタイミングで、友達からはドタキャンの電話…。このまま放っておくわけにもいかないので家に連れて行くと、相川は体中ビチョビチョのまんま眠ってしまった!