ここはドコ わたしはダレ

コミック

いま僕の左右にいる女の子、みはねとひゆり。何を隠そうこの2人は、ぼくの娘らしい。交通事故に巻き込まれ、意識を取り戻した時には自分の名前も思い出せないほど頭の中はスッカラカンになってしまった。家族の写真や自室の本を読んでも何一つピンとこない…思考が詰まりそうになった時、娘達がマッパで部屋に入ってきた!準備してきたよーと持ってこられたカバンの中には、ちょっとすぐには理解できないレベルの大人のおもちゃたち…僕は、つまり、日常的に娘達とそういうコトをしてたってこと!?