女の子サプリ

コミック

これまでのイメージを変えるために美容サプリメントの商品モニターに応募したどこにでもいるごく普通の青年瑞月。開発主任である楠田はサプリの効果を確かめるため彼の体組織のデータを取り続けるうちにあることに気づく。ごく普通の青年瑞月の体は、艶やかな肌、胸やお尻も徐々に膨らみ「女の子」へと近づいていた。そして三週目のある日、彼の体は完全に女の子になってしまっていた。このままだと男に戻れなくなってしまう瑞月のためにサプリの服用を止めようとするが、彼は女の子へと生まれ変わるために大量のサプリを飲み干してしまう。そして、生まれ変わった瑞月は見せつけるように黒タイツを破りできたばかりの女性器でオナニーを始めると、処女を奪わせるために楠田を誘うのだった。