永遠の眠りをともに

コミック

独り寂しくオナニーをしていた青年の元へ突然やってきたロリ顔巨乳の少女。彼女は青年のペニスにむしゃぶりつくと、射精をねだりながらザーメンを飲み干す。改めて青年に自身が淫魔であると告げた少女エイミはその後も家に居座り、朝から精液を求めてトイレで待機したり、お風呂で青年の身体を洗いながらペニスを扱いてくる。積極的で純粋なエイミに欲情してしまった青年は、豊かな乳房やパイパン女性器を露出させ、ペニスを挿入。淫魔にも関わらず初々しいエイミに肉棒を突き入れ、すっかり蕩けた彼女に中出しする。射精後も続けて腰を打ち込み、敏感な淫魔の角や尻尾も責められたエイミは一層乱れていき……。