人外枕草子 1 『河童』

コミック

浮世絵師であり、また妖怪万屋とも言われている万次郎と彼を取り巻く妖怪達との物語。町の男たちを襲っていたが捕まり、万次郎の元へと引き渡された「河童」。妖怪達は「精力」を糧としており、万次郎は特別その精力が強い人間だった為、河童を満腹にしてやるべく救済を施す。