secret LOVE

コミック

ぼっち少女の夏凛は、クラスメートの尼子くんに夢中で、授業中であろうとも、チラ見と妄想で彼を独り占めする空しい日々を送っている。そんなある日、女子の告白を、にべもなく断る尼子くんを目撃した夏凛は、困惑を隠せぬまま彼と遭遇してしまい、アタフタとよく分からない釈明をするが、尼子くんの、「俺が好きなのはお前だ」の一言に、頭を真っ白にした彼女は、それを告白と理解する間もなく、尼子くんにお姫様抱っこされ、何処へやら連れていかれるのだった。