学園淫具教育 ~妖しい道具で美少女を調教三昧~(7)

コミック

実力派作家・肉そうきゅー。が贈る冴えない嫌われエロゲオタク教師が妖しい道具を駆使して美少女を犯しまくる学園ハード調教連載・最終回!!教師をしている主人公・掛島到(かけじま いたる)はエロゲーだけが趣味の寂しい童貞人生を送っていたが、ある日、旧校舎の地下で怪しい部屋を発見する。そこは妖しげな道具が所狭しと置いてあって、どう見ても調教部屋だった。そこで手に入れた道具を使い女生徒、さらには女教師を犯す事に成功した主人公だったが、もっと色んな道具を使って学園中の女を犯し調教したいという野望を持ち始める。前回、しばらく女を犯すのに夢中になっていた主人公が久しぶりに地下室を訪れたところ、何者かにスタンガン攻撃を受け意識を失ってしまった…。どれくらい意識を失っていたのか、主人公が目を覚ますと目の前には一番最初に犯した女生徒の清藤(きよふじ)がいた。全く状況を理解できないという表情の主人公に対して清藤は地下の調教部屋の事やこれまでの主人公の行動を全部見ていた事、主人公に初めて犯されて以来、主人公の事を愛してしまった事などを話し始める。そして、道具の力で動けなくした主人公を無理やり犯すのだった…。