聖なる学舎の園で ~肉棒調教されるお嬢様~(9)

コミック

人気作家・由雅なおはが放つお嬢様学園凌辱&肉棒調教連載・第9話!!叔父が経営している女学園に入学する事になった双子の美少女姉妹・奏(かなで)と琴之(ことの)。実はその学園は裏で学園長である叔父がお気に入りの女生徒の処女を奪っては肉棒調教している危険極まりない学園だった。さらに叔父は肉棒調教された女生徒達を定期的に開催している品評会で各界の有力者に売るなど他にも様々な悪事に手を染めていた。前回、生徒会長であるエミリアの助けを借りて学園から脱出を図った姉妹だったが、叔父の部下に見つかり捕らえられてしまう。薄暗い部屋で意識を取り戻した奏の目の前で正体不明の男(=叔父)にお仕置き調教されるエミリア。そして、次はまだ意識の戻っていない琴之が男の手で弄ばれる。大切な妹が知らない男に凌辱されるのを見ていられない奏は自分が琴之の代わりになるから妹を解放するように男に向かって叫ぶ。その言葉を待っていたとばかりに男は口元にいやらしい笑みを浮かべ、奏に自慢の極太ペニスを舐めるように命令する。最愛の妹を助けるため奏は覚悟を決め、初めて見る男のモノを口に咥えるのだった。理不尽な運命に翻弄される姉妹は無事この学園から脱出する事ができるのか……?