みるきぃ うぇい

コミック

大学の夏休みを利用して実家に帰ると、年の離れた兄から外で遊ばない姪っ子・琴織を外に連れ出して欲しいと頼まれた。ふたりで川沿いを歩いていると琴織の同級生が遊びに誘ってくれたのだが、彼女はそれを拒んでしまう。人気のない川べりで理由を聞くと、最近同級生の男子がえっちなイタズラをして来るのがイヤで近付かなかったらしい。羞恥心はあるのに、俺にはなにも感じない…ならばと軽く胸を揉んでやれば、俺にならされても平気だと言って来た!それならお望みどおり、もっとイタズラしてやるッ!