アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第2話】長期間の調教で真面目な女が植えつけられた快楽の味

コミック

悪魔のスマホにより、強制操作のターゲットとなった藤浦ヒナタ。風紀委員長であり、エッチな事が大キライなまじめ美少女のヒナタだったが、いつからか自分の体に起こる「発作」に翻弄されるようになる……。「どうして私のカラダは、こんなになっちゃったの…?」毎日ヒナタの体を襲う、見えない何かに犯されているような感覚。それは、授業中でも、通学時でも、休日でも容赦なくヒナタを快楽の渦へと引きずり込んでいく。イクまで決して終わらない、体を貪るその襲来に、ヒナタはなす術もなくその快感を植えつけられ蓄積させていくほかなかった。そしてついに、強制操作の「本番」が訪れる――!「うそっ…こんな時に…!? いつもの発作が――!!」あろうことか、全校集会というタイミングで突如として始まった忌まわしい発作…。手加減ナシで襲いかかる強制操作の連続にヒナタは!?超絶まじめ美少女を襲う長期間調教の悪夢――。帝王・クリムゾンが放つ、エキセントリックエロス、ヒナタ編第2話!