奴隷上司

コミック

「私のオナニーしているところを見てほしいなあ」 一流商社に入社して三年目の高瀬に、連日届けられるストーカーからのメール。自分の職場での様子を知られていることから、社内の誰かの犯行であるのは間違いない。おかげで、高瀬は仕事でもミスを連発し、憧れの美人上司・木下主任に心配される始末。と、そこに再び例のストーカーからのメールが……。今度は「非常階段でオナニーしているから、よかったら見にきて」ときた。一見、欲情した女性社員の誰かが誘っているように思える文面だが、どうせエロい言葉でこちらを釣って笑い者にするつもりだろう。罠とはわかっていながらも、行かなきゃ何も解決しない。そう思い、向かった非常階段に向かうと、そこにはあられもない格好で自慰にふける木下主任の姿があった! 非常階段でイラマチオ、電車内で痴漢プレイ、上司のデスクで駅弁ファック、社内トイレで肉便器……美人上司が肉奴と化した理由とは……!?