夕焼けフォトグラフ

コミック

美人ながら無口で、どことなく不器用な生徒会長の結衣先輩と、同じ役員で後輩の悠介は、放課後の生徒会活動で忙しい毎日。そんなある時、ちょっとした茶目っ気で、ゆーすけは活動報告用のデジカメで結衣先輩をパチリ。困惑しながらも照れた笑みを浮かべる彼女に、ドキリと胸を鳴らせ顔を赤らめる後輩役員だったが、その先輩に促され、先に帰宅することに。今日も、先輩と過ごせたささやかな幸せをかみ締めながら、校門に向かうゆーすけだったが、ふと、いつも使っているペンを忘れたことに気づき、生徒会室に引き返してみると、そこには結衣先輩の、信じられない光景が待ち受けていたのだった…。