恋するアロマ~香りの契約~

コミック

美術の菜美先生は、可愛くて巨乳、おまけに性格も良いとくるものだから、生徒たちに慕われるのも納得の話で、かくいう主人公の歩くんも、その中の一人…のはずだった。そう、菜美先生のある秘密を知るまでは…。実は彼女は、匂いフェチ、それも男の汗の匂いに感じまくるような変態で、男子体操着をクンカクンカしながら自慰に耽る菜美先生を、歩くんは、更衣室の前で偶然目撃したのである。驚愕する歩くんだが、彼女が脱いだまま忘れてしまった下着を見つけると、それを手にして、男なら誰でも思いつくであろうある妙案に、下卑た笑みを浮かべるのであった。