ぱんつよりも…

コミック

朝、出社する父親を追いかけるように家を出て、途中まで一緒に行こうと、その腕に抱きつく一人娘のなずなちゃん、彼女はお父さんが大好きなのだ。だがその想いは、ごく一般的な親子愛のレベルではなく、父親を雄として見る、禁忌すべき性愛の発露でしかなかった。しかし、ことはそれだけでは終わらない。なんと父親も我が娘を性的対象と見ており、脱衣所にある娘の下着を盗んでは、自慰の手向けとしていたのだ。そして、ある日の夜、娘の下着だけでは我慢できなくなった父親は、なずなの部屋に忍び込むのだが…。