秘密の主従関係

コミック

久々に彼の部屋に遊びに来たつくし。アパートの入り口で出会ったのは、6年前に別れた元彼のシンヤだった。クスリを盛られ撮られた昔の写真と付き合っていた過去をバラさない代わりに、シンヤは今日一日だけ自分のドレイになるよう持ちかける…。嫌々取引に応じるつくしだが、6年前に飲まされた薬はただのビタミン剤で、淫乱なのはつくし自身だったと告げられてしまう。否定したいのに、カラダはシンヤから与えられる刺激に絡め取られていく…。