SS精子ではーれむらいふ!?

コミック

世界中で精子量が激減したことにより、出生率の大幅低下が問題視され「人類繁栄法」という法律が可決された。その法により男性は精子量によりランク付けをされ、高ランクの男性には多数の女性を妊娠させることが義務づけられていた。繁雄は女性が苦手で付き合ったことも無いが、その精子は最高ランクのSSに認定されることとなり、その日から女性に縁の無かった繁夫の生活は激変した。義務により多数の女性とセックスをして、一人でも多く妊娠させなくてはならない日々が始まった…