おさかな門番さん

コミック

王宮の番兵隊長を任されている半漁族のエリートであるフィーネは、本日も凛々しく門番を務めているものの、瑞々しい肉体は発情期で悶々としていた。そこへ王宮へ侵入しようとする勇者があらわれ、門番として排除しようとするが、フィーネを見て服の上からでも分かるほど勃起した勇者ペニスの誘惑に負け、仕事を投げ出し勇者を物陰に連れ込んでしまう。パンツを下ろしペニスを喉奥まで咥えこむと、半漁族のしっとりと濡れた肌によるタマ揉みやパイズリで勇者を誘惑して精液を絞りとろうとする。バックでペニスを迎え入れ、嬌声をあげながら本能がむき出しになったエリート女隊長は…。