母子のすすめ【第4話】

コミック

ついに始まった「正しい母子相姦」を奨励する『母子の会』。集められた3人の熟母に学園長・九条がまず命じたのは、九条の息子のオナニーのオカズにされることだった。息子と同世代の少年がその年齢に不相応な立派な肉棒をしごきながら、自分のあられもない姿を見つめる……。「オチンポぉ…勃起してる…シコシコしてるぅ」そんな背徳的な状況に母親たちは自らの股間を濡らすほかなかった。一方、3人の息子達の携帯には謎のメールが送られてきていた。思春期の彼らを刺激する卑猥な画像付の正体不明のメール。そこで彼らがとった行動は――。母と息子、禁じられた異性同士の緊張感が徐々に高められていく。巨匠・風船クラブが贈る渾身の母子相姦ストーリー第4話!!「風船クラブ」同人フロア配信作品はこちら