仮面真偽屋

コミック

「人は誰しも消したい過去を持ち、傷を隠すための仮面を被る―」 真っ白の髪に赤い眼、帝都でもひときわ目立つ容姿の更夜には秘密があった。彼は仮面の男「店長」が作る面を被ることによってそっくりそのまま他人の姿に変身することができ、その力で数々の問題を解決する「真偽屋」業を請け負っていたのだ。しかしそんな更夜は、幼いころに謎の人物「工藤」に犯されたことがあり、今でもその身体を狙われている!真偽屋の任務遂行の最中に工藤の刺客として立ちはだかったのは、なんと更夜の弟だった。「あぁ…兄さん、もう逃さないよ…」