理沙姉が来た…!

コミック

両親が友人の結婚式のため、家を空けることになり僕の世話係としてやってきたのは母の妹、理沙姉。久し振りに会う理沙姉は、元々男勝りで強引な性格だったが、美人で僕好みの巨乳になっていた。そんな姿に欲情して興奮気味な僕。風呂に入ってると彼女がタオル一枚で現れた!そして僕の股間に被せていたタオルを強引にはぎ取ると、怒張した僕のモノを口に頬張った。さらに憧れのパイズリまで…。我慢出来なくなった僕は彼女の顔まで跳ねるほど大量の射精をしてしまう。理沙姉は何も隠さず僕の目の前で脚を拡げて剥き出しになった女性自身を…!