凌母 ~独身寮の未亡人~ 3

コミック

ある昼下がり、さゆりの元へ一本の電話が…。それは、娘まなみが寮母として勤める独身寮からだった。まなみが入院している間代わりに寮母になって欲しいという嘆願に、責任感の強いさゆりは断ることができず、代理寮母になる決心をして独身寮へ出向く。そして大勢の寮生に出迎えられ、『歓迎会』が始まった。感じのいい寮生との会話から、自分が未亡人だと話すと、それを聞いていた寮生達の反応が露骨に変わり、次から次へとさゆりのグラスにワインが注がれる。注がれる度にワインを飲み干していたさゆりはついに酔い潰れてしまう。目覚めたさゆりの前にあったのは、久々の――。