どようびカメラ

コミック

どようびはお父さんもお母さんもいないから、おねえちゃんと一緒におじさんの家に。2時におねえちゃんが塾に行っておじさんとふたりきりになったら、ふたりでヒミツのカメラの時間がやってくる。誰にもないしょの、えっちな写真を撮る時間。まるでわたしがわたしじゃないみたいで、とっても不思議な感じ。きょうは小さくてながーいカメラで膀胱のなかを撮る事にしたんだけど、膨らんでないソコはうまく撮れなくて…。そこでおじさんが取り出したのは、おそうじ用の空気入れ!痛みをがんばってガマンして、うつされたわたしのナカは、見た事もない世界…。