黎月・零

コミック

はじまりの物語、それは桐馬がまだ幼い頃の話―――。家では子供たちが帰りを待つ中、御神楽の当主、そして瑠璃子のことについて寅之助と源三は言い争う。その後、祖母の危篤の知らせを源三から受け、車に乗った瑠璃子は目覚めると誰も来ないような奥地の小屋に拉致されてしまう。瑠璃子の母・那々子を兄に取られた復讐心と執着心による監禁・強姦される日々が始まる。小さなヴァギナを拡張され、精を注がれ、瑠璃子の心はどんどん磨り減っていき…。