ボクの奴隷天使【後編】

コミック

清純なクラスメイト・凛に密かに思いを寄せる康平。しかし、凛をモノ同然に扱う非道な先輩彼氏によって、その身体を数々の男子生徒に提供させられていた――!!康平の目の前で繰り広げられる無慈悲な責めは、遂に本番行為まで及び……。「いやらしい凛のマンコ穴に、如月くんのオチンポ入れてッ!!」頬を涙で濡らしながらも、自らの手で秘部を拡げながら誘い文句を強要される凛。生ハメを強いられた凛は、恐怖と嫌悪感に支配されながらも、彼氏に嫌われたくない一心で、その強淫を受け入れる。「あッ…いやッ…あッあッ…いやッ!」観客と化した康平とその他男子達に見せつけるかの如く、凛の足は大きく開かれ、その間を猛々しい肉棒が音を立て出し入れを繰り返す。康平、凛、それぞれの思いが辿り着く結末とは――。奇才・伊駒一平が贈る、ド鬼畜プレイ満載のカゲキ輪姦作!衝撃の後編!