聖なる学舎の園で ~肉棒調教されるお嬢様~(6)

コミック

人気作家・由雅なおはが放つお嬢様学園凌辱&肉棒調教連載・第6話!!叔父が経営している女学園に入学する事になった双子の美少女姉妹・奏(かなで)と琴之(ことの)。実はその学園は裏で学園長である叔父がお気に入りの女生徒の処女を奪っては肉棒調教している危険極まりない学園だった。さらに叔父は肉棒調教された女生徒達を定期的に開催している品評会で各界の有力者に売るなど他にも様々な悪事に手を染めていた。前回、入学式の日から行方不明になっている雫(しずく)をついに管理人室で発見した琴之だったが、運悪く戻って来た管理人に見つかり捕らえられてしまう。次に目が覚めた時、琴之は薄暗い部屋で身体を拘束され声も出せず身動きできない状態になっていた。そして、目の前では奏と雫が再会を喜んでいる光景が!しかし、マジックミラーのせいで琴之の姿を奏達は見る事ができない。どうしてこんな事になっているのか状況を全く把握できず不安だけが募っていく琴之だったが、突然背後から男の手が伸びて来て身体をまさぐり始める。抵抗むなしく衣服を脱がされ健康的に育った巨乳を揉み吸われ、ついには処女までも……。もうこの学園から逃げられない!!