過剰サービス!?だれとでもクーポン 2

コミック

「お客様…スペシャルVIPクーポンのご提示ありがとうございます。」「当店のスペシャルサービスをどうぞご堪能下さい。」ケータイクーポンにハマリ大学生活を送っていた小森祐一はある日、珍しい無料お試しクーポン券に気がつく…なんとそのクーポンとはエッチな裏サービスが受けられるケータイクーポンであった!?