いかにして母は女を解放したか(12)

コミック

なぜ息子の静也を巻き込んだのかと問いつめる春香に、桐野はあざ笑いながら自らの真意を告げる。そして、「女としての快楽」に抗えなかったことを泣きながら詫びる春香に対し静也は「母としての愛」の証明としてある選択を要求する…。本作品はマグナムX Vol.13に掲載されています。マグナムXは単品と同価格でとってもお得です!