ドロップアウト 前編

コミック

深刻な労働力減少問題の打開策として学業浪人者で肉体的魅力のある者を性的労働に従事させる法律、通称ドロップアウト法が施行された世の中。才色兼備の先輩、七条鈴香に好意を寄せながらも一言も話すことなく卒業別れしてしまった少年新見。学業優秀者である彼の元に支給されたのは受験に失敗し性処理備品となって七条鈴香だった。性処理備品になった少年、少女達が授業中であっても当たり前のように学業優秀な生徒たちに性欲処理を施す中、彼女も性処理備品としてペニスを咥えていた。そして、彼の精液を一滴残らず飲み干した鈴香は新見の上に跨り初めての膣内射精を味わいながら絶頂するのだった。