みにくいアヒルの娘

コミック

保険医の須永は、保健室登校の生徒・中山絵美に想いを寄せるようになっていたが、教員としてその気持ちは隠し、教室復帰の日を迎えようとしていた。だが最後の日、お願いを聞いてほしいという絵美に、突然のキスとともに告白をされてしまう。目前で脱ぎ出す彼女に対し、全力で理性でを働かせ、気持ちには応えられないと言う須永。だが「自分に魅力がないのは分かっている、クラスメイトにも不細工だと言われた」という彼女に、そんなことはない!魅力的だ!と思わず本音を吐露してしまう。一度堰を切った想いはどんどんとあふれ出し、自然の流れでセックスへ発展するのだが!? コンプレックスの塊みたいな少女が、大好きな想い人とのエッチで、その魅力を華開かせていく…実力派作家の純愛ストーリー!