処女ソムリエ~ナマでわかる男の味~

コミック

神の舌のソムリエと称されるカリスマ女性ソムリエは、仕事ひとすじで生きてきた。ある時、厨房の方から女性社員たちが「ザーメンが苦いよね?」「甘い時もあるよね!?」などと精子を飲まされた時の事を話しているのを聞いてしまう。精子の味っていったいどんな味がするの? いままで彼氏も出来ずに仕事だけしてきた女性ソムリエには、どうしてもその男から出される精子の味が気になってしようがなくなってきてしまった。そして女性ソムリエはついに意を決し、料理人にペニスをしゃぶって精子の味を知りたいと交渉するのだった…。