先生と秘密の部活動 ~見られたがりな変態女教師~

コミック

書きかけの小説を文芸部の部室に忘れてしまい、取りに戻った主人公・春日井(かすがい)。部室のドアを開いた時、そこには自慰で絶頂を迎える顧問の糸真子(しまこ)の姿があった。予想外の出来事に混乱しつつ春日井が忘れ物を取りに来た事を説明すると糸真子はそれならここに…と自分の手に持っていた物を見せる。なんと糸真子は春日井の書いた小説をオカズにしていたのだった。そんなシーン無いのに何故…?などと春日井が思っていると糸真子は、素敵な小説だけど少し描写が足りない部分もあると言い、自分の妄想を早口に捲し立てる。「僕の小説はそんなんじゃ…!」と否定しつつ目を逸らした春日井に、童貞かどうか尋ねてくる糸真子。「濡れ場とか恥ずかしくて書けないか…私が教えてあげる」とズボンの上から春日井の硬くなった股間をなぞる糸真子。「あなたの作品をもっと素敵にしましょう」と糸真子に言われるがまま春日井は体を委ねてしまう…。