弁当屋のオバちゃんがリア充にやりまくられ… 3

コミック

「は…ハジメちゃんが後ろからイキナリ抱きつくなんて……大胆ね」俺はオバちゃんこと、佐知代さんに無理やり弁当屋に連れて来られた。和代さんのお店を出た時、佐知代さんが目の前に立っていた。俺と和代さんの行為はきっと知られている。佐知代さんは意味ありげに微笑み、仕事を俺に手伝わせた。俺と和代さんとの行為を見て見ぬ振りをする彼女に罪悪感や苛立ち、もどかしさを感じていた。その感情が抑えきれなくなった俺は……。(フルカラー作品)