あなたのカンバス

コミック

あの日、純白のカンバスに描いた眩しすぎる夢…そして今、もう一度あの日の願いを思い出させてくれた懐かしい場所…