アヤカシガタナの搾取 佐伯由伽の場合【単話】

コミック

某市では、若い男性が意識不明の状態で発見する事件が多発していた。そんな時、部活で帰りが遅くなってしまった井上少年の前に現れたのは、クラスメイトの佐伯由伽だった。いつもとは随分様子の違う彼女に戸惑うが、それ以上に手に持った日本刀に驚愕する少年。刀によって打ち倒され、抵抗できない彼は発情する由伽からのフェラチオからパイズリ奉仕を経て、ついには騎乗位で精を搾り取られ続けててしまうのだった。※『悦楽奉仕の少女達』に掲載されている作品です。