触り放題!AR彼女 (2)

コミック

秋葉原の裏通りにて僕は30万円もする高級商品を買ってしまった…AR彼女というこの製品は最先端の科学技術を駆使して作られた革新的なコミュニケーションツールで女の子に縁のなかったこの僕にも彼女が出来るのだ!沢山の彼女候補の中から理想の彼女オーちゃんを選んだ僕は早速彼女を舐めまわすように見るのだが自我を持った彼女に嫌がられてしまい…でもマニュアルによるとそんな時に使えるのは1日1回だけ使える「強制命令権」だ!どんな事でも従わせる事の出来るその命令権でまずはオーちゃんにオナニーでもしてもらおうかな…これから毎日っ