欺母 中編

コミック

千葉先生の学校に新しい先生が赴任してきた。島田と名乗るその教師は赴任早々、千葉に目をつけ、いつか犯してやろうと虎視眈々と狙っていたわけで…。ある日、教師同士でカラオケに行った日のこと。島田は千葉の飲んでいるドリンクに媚薬を混ぜ、ポケットに盗聴器を仕掛ける。さて、媚薬が効いてきて身体がむずむずしてたまらない千葉は女子トイレにこもり、我慢できずオナニーを始める。それを隣で盗聴していた島田は千葉がトイレから出てきたタイミングを見計らって千葉に襲い掛かり…犯されながら、心ではイヤだと思っているのにレイプされている体は媚薬のせいもあり強制的に発情させられてしまい…。その後も引き続き島田に犯され続ける千葉。学校の屋上で、ホテルで、背徳的な行為は止まらない…