先輩の黒手袋指導【単話】

コミック

風紀委員の朝の声掛け活動に参加する真琴は、清華先輩が手にした黒皮手袋に気を取られ、ふとした拍子に己の昂りを悟られてしまう。風紀委員でありながら言語道断と、憤る先輩から指導を受けるはめに……。細い指先を包み込むしなやかな黒川の感触に魅せられた、白い欲望が降り注ぐ!※『フェティッシュな誘惑』と『コミックプリズムVol.3』に掲載されている作品です。