ゆきんこ

コミック

雪国に一人旅に来たのはいいものの、バス停で待ちぼうけを食らう事になってしまった岡本。ストーブを付けようと薪をくべたらあまりの煙に気を失ってしまって。岡本が目を覚ますと目の前に、地元の女の子のりんごがそばに立って看病してくれていた。薪も無くなり寒さに震える岡本を温めるため裸で肌を寄せ合うりんご。大きなおっぱいの温かさに岡本も次第に気分が昂り…。桃之助先生が贈る方言ガールとのポカポカラブラブの癒されエッチに思わずアソコもヌックヌク♪