魂魄の死鎌【単話】

コミック

「悪魔の鎌で千の命と魂を刈れば、想い人と再会できる」甘言に唆され、大鎌で命を、その肉体で精気を集める少女。死神と怖れられ、討ち果たさんとする者達を返り討ちにし、その身を捧げる日々の果て、ついに悪魔の鎌が使命を果たす時を迎える。自分を欺いた悪魔の下僕にされた怒りを、異形の化け物の触手調教が押し潰す。悪魔の凌辱が齎す絶望的な快楽の中で、いつしか少女の目から意志の光が消えていく。※『淫陵域』に掲載されている作品です。