母乳ゲーム 1

コミック

普段は接点のないクラスの人気者から、君の家に行って一緒に遊ぼうと声をかけられた。断ってしまうと除け者にされそうなのでOKしてしまったのが、全ての間違いだったと後々で気付かされるのであった。